プログラミングコース

「個別指導のNSG PLATS」が提供するプログラミングコース

世界中で使われているビジュアルプログラミングソフト『Scratch』を使用。ゲーム制作を通して「プログラミングの知識」はもちろん、「自分で考える力」の育成を目的としたコースです。

プログラミング教育で身につけてほしい力 - この時代だからこそ  「自分で考える力」の育成が重要。

 文部科学省が示すプログラミング教育導入目的の概略は、『コンピュータを理解し、意図通りの働きをさせる指示を出せるようになる体験を通して、言語能力や各教科等における思考力など、将来どのような職業に就くとしても極めて重要な力を身につけさせること』となっています。

 しかし指導者側がうっかりすると、子供たちにとって単にプログラミングの知識やスキルを覚える・身につける「新たな一科目」が増えただけになってしまう可能性があります。

 そこで、NSG PLATSでは「プログラミング教育」を、学習に対する姿勢が「受身的」になっていたり、「知識の詰め込み」や「試験での得点向上」に偏ってしまった子どもたちに、「自分で考える力」を育成するため、または育成に力を入れるため導入した新しい学習の場(機会)であると捉え、プログラミングコース の第一目的に位置付けています。


Attention[ お知らせ ]

このページの先頭へ

Lesson[ 授業のながれ ]

ゲーム制作で楽しくプログラミング

子どもたちにとって、最も身近で興味のあるものの1つである「ゲーム制作」を題材にすることによって、楽しみながら自発的に学習を進めることができます。
また、ゲームは様々なカテゴリーがあるので、幅広い内容を学習に盛り込むことができます。

授業で作成する主なゲーム
その他、計15種類のゲームをつくるよ
「Scratch」を使ってプログラミング

Scratch(スクラッチ)は、アメリカ・マサチューセッツ工科大学のメディアラボが無償で公開しているビジュアルプログラミング言語で、「画面上のブロックをつなぎ合わせてプログラムがつくれる。」また、「日本語でも使用可能。主にマウスを使用するため、キーボード操作に不慣れな小学生でも使いやすい。」といった特徴を持っています。

Scratch(スクラッチ)のイメージ

Scratchの特徴

  • 「10歩動かす」「1秒待つ」といった、画面上にあらかじめ準備されているブロックを組み合わせてプログラムを作り、作ったプログラムによって画面上のキャラクター(初期状態はネコ)が動く。ネコ以外のキャラクターや背景画像も多く用意されているため、それらを使って、多彩な作品を作ることができる。
  • 作ったプログラムを実行すれば、すぐにキャラクターが動き出し、それを見ながらプログラムを修正しては実行するトライアンドエラーが、一つの画面上だけで手軽にできる。また、他の周辺機器を準備しなくてもプログラミングを行うことができる手軽さも特徴の一つ!
  • 画面上のキャラクターを動かすなどの基本を学ぶと、子どもたちの自由な発想に基づいたさまざまなゲームやクイズなどを作ることができる。それらは、Scratchの専用サイトで世界のユーザーに作品を見せたり、改良しあったりすることができ、プログラミングの発展学習にもなり、ネットリテラシーの学習機会にもなる!

> Scratchのウェブサイトはこちらをご覧ください。


受講しやすいコース形態
個別だから受講曜日・時間を選べます - PLATS全教室にコースを設置 - 好きな時期から受講できます - プログラミング知識は映像授業とテキストで学習します
映像の流れ
テキスト
このページの先頭へ

Support[ 保護者様へ ]

「チェック&チャレンジ」で学習内容を確認しながら進めます

映像で学習したあとは、「チェック&チャレンジ(確認問題)」で内容を振り返ります。
確認問題は、学習内容の定着に役立つのはもちろん、確認問題に目を通してから授業に入れば内容への意識を高める効果もあります。

チェック&チャレンジ(確認問題)のイメージ

オリジナル制作を通して「自分で考える力」が育成されます

映像やテキストに沿ってプログラムをつくるだけでは「自分で考える力」は育ちません。
NSG PLATSのプログラミングコースでは、オリジナル作品の制作を通して「自分で考える力」を育てていきます。
でも、初めから自分でつくるのは難しい・・・。そこで、まずは映像に沿って作ったプログラムにアレンジを加えて、作品をより楽しくしてもらうところから始めます(プチオリジナル制作)。
プチオリジナル制作により、自分の考えを出したり、まとめたりすることに徐々に慣れていきます。

生徒の作品例のイメージ

設計書の作成で「考えを整理する力」が育成されます

NSG PLATSのプログラミングコースでは、プチオリジナル制作やオリジナル制作の際に「設計書」をつくります。
考えたことを書き出し、整理して残す。この作業は「思考を深める」「論理性を高める」ために非常に効果的であることに加え、自分の考えを相手に伝えるための重要な手段にもなっていきます。

企画書・設計書のイメージ

1:1の個別サポートと個人カルテで安心して学習していただけます

NSG PLATSの最大の特徴である1対1指導。生徒の“わかる瞬間”“つまずきの瞬間”を見逃さずに、どの生徒にも不公平のない指導を行います。
また、生徒1人ひとりの授業の様子は「授業記録」で教師が管理します。保護者様には、テーマごとに「個人カルテ」をお渡しし、受講状況をお伝えしていきます。

個人カルテのイメージ

ジュニア・プログラミング検定の模擬問題にチャレンジ

NSG PLATSのプログラミングコースでは、学習成果を試す一つの尺度として「ジュニア・プログラミング検定」の模擬試験にチャレンジする時間をカリキュラムに組み込んでいます。
※実際の受検については任意としております。

ジュニアプログラミング検定
ジュニアプログラミング検定とは - 受験概要・評価を徹底解説 ジュニアプログラミング検定 - ホームページ

このページの先頭へ

Course[ コース概要 ]

コース内容

コース テーマ チェック&チャレンジ
プチオリジナル制作
オリジナル制作 検定模擬
スタンダード
(全46回)
15回 15回 12回 4回
アドバンス
(全46回)
16回 16回 12回 2回

※各テーマは、授業2回〜6回で構成されています。
※アドバンスは、スタンダード修了の生徒さん向けのコースとなります。
※生徒さんの興味・関心に合わせ、スタンダードのみの受講も可能です。

受講料

コース 入会金 テキスト代 授業形態 学費/月 諸経費/月
スタンダード
(全46回)
20,000円 3,000円 月4回(40分×1) 6,800円 1,500円
アドバンス
(全46回)
月8回(40分×2) 12,800円

※1回の授業時間は40分となります(週に2回まで受講可能です)。
※体験受講していただいた場合、入会金は免除させていただきます。

このページの先頭へ

Presented by[ コース提供 ]

教師1人に生徒1人 個別指導・家庭教師 NSG PLATS 子供の未来を創造する 株式会社チアリー

このページの先頭へ

お問い合わせ
資料請求
このページの先頭へ
おすすめ情報おすすめ情報
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 無料体験授業