モニター受講結果報告

 “新個別”において特に特徴のある中学生の指導システムのモニター受講(全20回 6月〜11月)を行いました。
 この指導のかたちはどこの塾にもない、PLATSオリジナルの指導システムで、今まで以上に「成果」と「自立」にこだわっていくかたちとなっております。ここにモニター受講の結果報告をいたします。
このページの先頭へ

「復習タイム(復習演習)」について

「復習タイム」では前回授業内容の確認演習を行うことにより、
知識の定着及び次の単元へのスムーズなつながりを目的に行いました。

復習タイムの問題は難しいですか?ちょうどよい 82%、どちらかといえば簡単 9%、簡単 0%、難しい 0%、どちらかといえば難しい 9%

 初回のアンケートでは「どちらかといえば難しい」が53.8%であったのに対し、モニター終了後では9%。「ちょうどよい」が8割を超えました。復習タイムでは難しい問題を解くのが目的ではなく、前回の授業と連動した宿題をしっかりと行い、その知識が定着を確認するのが目的ですので、徐々に学習のリズムが身についていたといえるでしょう。
 また、復習タイムによって知識が確実に身についていると感じた生徒は91%でした。

このページの先頭へ

「予習タイム(予習演習)」について

「予習タイム」では新しい単元を自分の力で予習することにより、
自分で疑問を発見し、目的意識をもって授業にのぞむ姿勢を育てることを目的に行いました。

予習タイムの問題は難しいですか?難しいが説明を読めば1人でできる 64%、簡単 9%、全く解けない 9%、難しいものもある 18%

 「予習タイム」では新しい単元を生徒自身でまずはチャレンジしてみる、という「自立」を意識した演習時間です。アンケートでは多くの生徒が「難しいが説明を読めば1人でできる」と答えました。また、個々の学力状況や学習単元により、難しく感じる生徒もいましたが、必ず「演習チューター」がつき、サポートするため、難しくて手が止まったままになるということはなく、集中していたか?という質問では100%が集中していたと回答していました。
 「自立」を促すという観点で、非常にこの予習タイムが有効であると感じました。

このページの先頭へ

「1:1指導」について

「1:1指導」では予習タイムで自ら発見した疑問を解決し、また、1:2指導よりも質問しやすい環境をつくることで、より正しい知識を身につけることを目的として行いました。

1:1指導はわかりやすいですか?わかりやすい 91%、どちらかといえば分かりやすい 9%、わかりにくい 0%、少しわかりにくい 0%

 教師1人に生徒2人までの1:2指導と比べ、1:1指導では圧倒的に「わかりやすい」と感じている生徒が多くいました。1:1の場合、自分のペースで質問もでき、ペースダウンもペースアップも個々に調整できます。また、予習タイム直後の1:1指導ですので、自分で発見した疑問をすぐに解決でき、より学習意欲が増す効果もあると思われました。
 実際に1:1指導を行った講師のアンケートでも全員が1:2指導より生徒がどこで間違えたかを把握しやすいと答えており、より個々に合わせた指導ができていると思われます。

このページの先頭へ

「家庭学習」について

“全く新しい個別指導”の目的の一つとして「自立した学習姿勢を育てること」があります。モニターでは「予習→授業→宿題→復習→予習…」と一連の学習サイクル、そしてそれをサポートする「学習管理シート」の記入や演習チューター、講師との会話なども重視しサイクルに取り入れました。

モニターアンケートより[宿題をするタイミングは?]受講前は、次の授業の2日前〜当日 71.4%、授業の当日・翌日 21.4%でした。受講後は、次の授業の2日前〜当日 27.8%、授業の当日・翌日 50.0%でした。[宿題の量はどう感じますか?]受講前は、多い・やや多い 69.2%、ちょうどよい・少ない 30.8%でした。受講後は、ちょうどよい・少ない 64.0%、多い・やや多い 36.0%でした。

 「宿題をするタイミング」に関してはモニター受講前のアンケートでは次の授業の2日前から当日が71.4%であったのに対し、受講後では27.8%と減少。逆に、受講前は授業当日・翌日に宿題をする生徒は21.4%あったのに対し、受講後は50%が直後に行っていたことがわかりました。
 また、宿題の量に関しても当初は69.2%の生徒が「多い」と感じていたのに対し、受講後は36%と減少、逆に「ちょうどよい・少ない」と感じる生徒が64%となり、“学習体力”とも言える力がついてきたことがうかがえます。
その他、
[1週間のうち何日勉強しますか?]受講前は、平均4.6日でした。受講後は平均6.1日でした。[1回の勉強時間は?]受講前は、平均1時間42分でした。受講後は平均2時間15分でした。
となっていました。

このページの先頭へ

「学習成果」について

 20回という限られた期間でのモニター受講で、かつ新型インフルエンザによる学年・学級閉鎖等が相次ぎ、その影響もありモニター終盤の後期中間テストではなかなかカリキュラムが進まないという事態に見舞われました。よって、今回は9月に行われました前期期末テストでの結果報告をさせていただきます。
 「受講教科における前期期末テスト結果」におきましてはモニター平均で下記のような結果となりました。また、モニター受講前、受講教科が70点以下の生徒におきましては大幅アップとなりました。
 「T中3年数学受講者得点UP比較」においてはモニター生のほうが1:2生より得点UPすることができました。

受講教科における前期期末テスト結果 T中3年数学受講者得点UP比較
このページの先頭へ

保護者様の声

モニター受講を受けてみてよかったと思いますか?という質問では100%が良かったと回答。
その理由として

  • 「学習時間が増えた」
  • 「本人のやる気が高まった良かったです」
  • 「宿題に対しても積極的に取り組んでいた。やる気を出した」 
  • 「1:2のときに比べ1:1で対応していただいた方が質問しやすかったようです」
  • 「できないことやわからないことをじっくり聞かれたのが良かったようです」

というお言葉をいただきました。

このページの先頭へ

おすすめ情報おすすめ情報
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 無料体験授業